スポンサードリンク

頸椎と健康

頚椎(けいつい)とは、背骨の上にある、首の骨のことです。
頚椎は7つの骨が椎間板(ついかんばん)というクッションをはさんで連なっていて、首が動くことを可能にしています。

 

頚椎と健康とは切り離せない関係があります。
首(頚椎)はいつも重い頭を支えているので衝撃に弱く、寝違いやスポーツなどで痛みやすいのです。さらには、単に枕が合わないというだけでも、頚椎に不調が生じ、肩こり、頭痛、腰痛の原因になり、健康に著しい影響を与えることがあるといいますら要注意です。

 

頚椎にトラブルが起こると、末梢神経の圧迫や血流障害によって、全身に影響が出てきます。
頚椎の変形によって様々な病気になってしまうのです。

 

主な病気には頚肩腕症候群や胸郭出口症候群、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、頚椎捻挫、一部の頚椎後縦靭帯骨化症などがあります。
その他にも、心筋梗塞や狭心症とか不整脈、肩こり、うつ病、心因性高血圧、頭痛、めまい、はきけ、手や肩にかけてのしびれや、不眠症、目の疲れ、耳鳴り、難聴なども、頚椎のゆがみやズレと関わっていることがあるといいますから油断できません。
頚椎と健康の関係がいかに深いかが分かりますね。

 

頚椎の変形は、外傷や加齢による椎間板の変性、椎間関節の変性、黄色靭帯などの変性や頚部周囲筋群の柔軟性や筋力の低下によって起こるといわれています。

 

また、運動不足やストレスなどによって、血液の循環が悪くなってくると、首の骨の周りにある筋肉が緊張して凝り固り、腕を支配している神経を圧迫して肩から手にかけての痛みやしびれなどが起こることがあります。

 

ですから、頚椎の健康を維持するために、つね日頃からストレスを適切に発散し、首のストレッチを行って頚椎の筋力を強化しておきましょう。
それによって、外傷の影響を小さくしたり変形を抑える予防することが可能になります。

 

簡単にできる首のストレッチとしては、
首の屈筋群(前屈)・伸筋群(後屈)・側屈筋群(横曲げ)・回旋筋群(回転)の全部のストレッチがあります。
やり方としては、呼吸を楽にし、勢いをつけず、ゆっくりと痛みのない程度で筋肉を伸ばして、心地よい緊張感を維持するようにします。
各20秒間づつ行い、5回ワンセットで一日に3セット行なうと効果が期待できます。

 

但し、症状がひどい場合は、運動や安易な自己判断はせず、専門の病院で診察を受けることをオススメします。

健康と美容

知ってましたか?UVケアをするだけではシミは防げないそうです。なぜならば、目に光が入るだけでメラニンが作られるからです。つまり、サングラスなども必要ってことですね。もしシミが出来てしまったらシミを消化粧品でケアするのがおすすめです。それと合わせて、予防対策もすることで美しい美白肌が得られるでしょう。

年齢とともに気になるのがほうれい線。しかし、中には年齢が上がっても全然ほうれい線が目立たない人もいます。その違いは何でしょうか?マッサージなどがよく紹介されていますが、それを行っても全然効果がなかったという経験はないでしょうか。ほうれい線の原因は1つではないので、マッサージで治るとは限らないのです。ほうれい線は肌の水分やコラーゲンが原因です。そのため、ほうれい線を無くす化粧品を使用して、水分やコラーゲンの生成をサポートするのが良いのです。

スポンサードリンク
更新履歴