MENU

頸椎椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアという言葉はよく耳にしますね。
それに頸椎(首の骨)が頸椎椎間板ヘルニアとは一体どんな症状の病気なのでしょうか。
聞き慣れない病気のように思われるでしょうが、実は歳をとると誰にでも起こりうる要注意の病気なのです。

 

背骨のうちで上の部分から数えて7つの骨を脊椎と呼びます。
つまり、首の部分の7つの椎骨(ついこつ)でできた骨のことで、そこにヘルニアを起こすと頚椎椎間板ヘルニアと呼ばれます。

 

ヘルニアとは、「飛び出す」という意味です。そして、頸椎椎間板ヘルニアとは、首の骨のヘルニアことで、椎骨と椎骨の間でクッションのような働きをしている椎間板の線維輪に亀裂が入り、その中身の髄核が飛び出してしまう症状のことです。

 

髄核が飛び出すことで、脊髄(せきずい)や神経根を圧迫し、肩凝りや首や肩に痛みや痺れなどを主な症状として、さまざまな神経症状が現れます。
原因としては、加齢による椎間板の変形や、猫背などの不良姿勢による負担の積み重ね、スポーツや労働による頸椎への運動負荷などの影響が挙げられます。
それにより、線維輪が膨らんだり、亀裂が生じて中身である髄核が外にはみ出してしまうのです。

 

頸椎椎間板ヘルニアは、中高年に発症が多くみられます。頸椎の加齢変化と運動負荷の両方の影響が出てくる年齢のためだといえるでしょう。
頸椎の変化は20代から始まりますが、頸椎椎間板ヘルニアの発症は30~50代が要注意の年代です。

 

頸椎椎間板ヘルニアとは、首のヘルニアのことで、中高年になったら、肩凝りや首や肩に痛みや痺れなどがあり、脱力感などが生じたら一度疑ってみる病気だといえるでしょう。