MENU

頸椎椎間板ヘルニアの治療法

頸椎椎間板ヘルニアの治療法には、保存的療法、薬物療法、温熱療法、手術などがあります。

 

頸椎椎間板ヘルニアの治療法としては、先ず、保存的療法が施されることが主です。
保存的療法とは、抗炎症剤の塗布、湿布や頸部の安静のために頸椎カラーなどの装用する装具療法や、けん引療法などをいいます。

 

保存的療法と平行して、もしくは単独に薬物療法が行なわれます。
薬物療法では、それぞれの症状によって、非ステロイド系抗炎症剤(鎮痛剤)、筋弛緩(しかん)薬、神経賦活(ふかつ)薬、ビタミンB剤、抗不安剤などが投与されます。
急性で症状が強い場合は、効き目の強いものを短期間使用し、症状がそれほど強くないときには、副作用の少ない弱めの薬が処方されるのが一般的です

 

血行を促進し筋肉のこりや痛みを軽減するために温熱療法が行なわれることもあります。
温熱療法では、極超短波療法(マイクロウエーブ)、超短波療法、超音波療法、水治療法(気泡浴・過流浴)、レーザー光線療法などの機具を利用して血行促進、筋肉の緊張緩和、発痛物質を除去し、痛みを緩和します。

 

痛みの強い場合には、神経ブロック注射療法という特殊な療法もあります。
神経ブロック注射療法では、局所麻酔剤を注射して、痛みの原因となる知覚神経線維や運動神経線維、交感神経線維の異常な緊張や興奮を取り除き、痛みをブロックして止めようとするものです。整形外科やペインクリニックが専門となります。

 

一般的に、頸椎椎間板ヘルニアの治療法軽度の場合は、通院での治療が可能です。但し、上記の治療を試みて改善しない場合は、ヘルニアの摘出・椎骨の固定などの手術が必要になることもあります。
頸椎椎間板ヘルニアの手術では、通常は頸椎の前側から神経を圧迫しているヘルニアを除去します。そのため椎間板が部分的になくなりますが、その部分に腸骨(骨盤の骨)を移植して固定する手術が行なわれます。

 

頸椎椎間板ヘルニアの原因が、神経根の圧迫の場合は、急性期に保存治療を行えば手術になることはまれで、約3カ月程度の保存治療で痛みは軽くなるようです。

 

頸椎椎間板ヘルニアの治療法は様々ですが、いずれにしても「安静」が第一です。
安静にすることで、痛みを起こさせる刺激を抑え、神経そのものの過敏状態を鎮静させることができます。また、自己治癒能力が発揮され、頸椎の障害部分が少しずつ修復されていきます。
結果として、速やかに回復し、予後の良い状態を得ることができるのです。